カードローンで天井張り付き状態だったのに増枠された

カードローンで天井張り付き状態だったのに増枠された

借入れ自転車操業、天井張り付き状態だったがなぜか増枠された

限度額いっぱいでキャッシング
リボ払いで天井張り付き

 

キャッシング枠をもっと増額したい。追加融資を頼みたい場合、審査落ちしてしまうと困ります。

 

25歳男性
正社員
利用キャッシング:アコム

 

カードローンの天井張り付き状態で増額が希望してないけど融資

 

当時は何社も借り入れしており、他に審査が通らなかった。自転車操業状態であった。
アコムだけは審査が通った。キャッシング枠で10万だったがすごく助かった。
他の返済に充て、凌いだのを覚えている。半年後位になぜか枠が20万になって驚いた。
枠は天井張り付き状態だったのに、何の申請も連絡も無しに急に増枠されていたのだ。
早速借り入れしたのを覚えている。
でも本来借り入れしなくていい状況が当たり前だがまともだと思う。

 

ネットで申し込みは簡単だった

 

申し込みは簡単だった。私の場合ネットで必要事項を入力し、翌日審査結果がメールで届き、同じ日に電話連絡が来た。
すごく丁寧な対応の女性の方で、分からない事や不安に感じている事も全て答えてくれた。
その後、職場に個人名で連絡をされ、在籍確認される。
その後もう一度連絡があり、審査完了であった。
カードが届く前に利用したい場合ネットキャッシングで好きな銀行に振り込んでくれる。
この時点まで2日位だった。
こんな簡単に早く借り入れできるのか、そう感じた。

 

キャッシングは本当に困っている時に利用できると心強い

 

キャッシングは当たり前だが、自分のお金ではない。でも本当に困っている時に、うまく利用すれば心強い。
出先中にトラブルでお金が足りなくなっても、最悪凌げる手段になるだろう。
クレジットーカード払いが出来ない事に役立った。
出先で怪我をし、保険証不携帯だったので結構な治療費がいった。
その時に活躍してくれた。
とにかく現金払いオンリーの状況はある日突然来るから、持っていてよかったと思えた。当時の私はアコムカードに本当にお世話になった。

 

  • クレジットカードが使えない
  • 急な入院・医療費、病院代の出費

 

リボ払いで最低額返済だと元金が減らないデメリット

 

デメリットは、借り入れしている以上たくさんある。まず返済額だがリボ払いに甘えて最低額だけ返済していると、元金がなかなか減らない。
当時は最低利子だけ払うと、返済期間が延びたのでそれに慣れてしまい、利子だけ返済、元金減らない、この悪循環に陥ってしまった。
一番厄介なのは枠を自分のお金と錯覚してしまう事だ。
自分の預金から引き出すかの如く、借り入れを当たり前に行ってしまう。
そこの所を強く意識しないと、良い方向に進まないと思った。

 

計画性を立てて借入れするのがやはり大事。

 

 

借金引き落としの残高不足に注意

 

私は月々に決められた返済額を引き落としで払っていました。借りた額がそこまで多くなかったので、月々の返済額も少なかったです。なので、返済には困ることなく返せていました。
しかし、1度だけ口座の残高不足で引き落とされていないことがありました。その時は引き落とされていないことに気付いていなかったので、電話がくるまで気づきませんでした。電話で、引き落としができなかったので、次の日までに口座お金を入れておくように言われました。何かペナルティがあるなどは無かったです。

トップへ戻る